毎日、使う我が家の必需品「洗濯ピンチ」。

その洗濯ピンチが壊れてしまったので、2か月前に新しい洗濯ピンチを買いなおしました。

私が購入したのは、アマゾンで大人気のダイヤ 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付 。

ネットで洗濯ピンチを購入するってどう!?と最初は心配だったのですが、アマゾンでの口コミレビューも560件以上ある人気商品だったので、思い切って購入しちゃいました。そして、購入して2か月。すっかり気に入って、もう1個追加で買ってしまったほどです。では、ダイヤの洗濯ピンチはどんな洗濯ピンチなのか?実際に使ってみた私が口コミレビューしちゃいますよ。

ダイヤ 干し分けハンガー ストロングピンチの特徴は!?使いやすさはどう!?便利!?

ダイヤ 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付 には、なんと3種類のピンチ(洗濯ばさみ)ついています。

青色しているピンチはストロングピンチという、強力なピンチで、ジーンズのズボンやバスタオルなどの重いものが干せるようになっているんです。

ジーンズを洗濯ピンチで干したいけど、重さに耐えられず、ずり落ちてくる。そんな経験したことありませんか?でも、ダイヤの干し分けハンガー ピンチがあれば、もう安心です。

ジーンズもバスタオルも干すことが出来ちゃいますよ。

また青色ピンチのほかに白いのピンチもついています。白いのピンチは大小2種類のピンチになっています。大き目の白いピンチは普通の洗濯物用で、私はフェイスタオルや靴下などを干すのに使っています。

そして、小さめの白ピンチはピンチの跡がついてほしくないようなデリケートなものを干すのにぴったりにできています。スカートやカットソー、女性の方の下着などにお勧めです。私は自分と娘の下着を干すときに使っています。

そして、物干し竿などに使うピンチ部分もしっかりしています。

風があるときなど、ピンチが物干し竿のところですごい移動してしまったり、落ちたりすることってありませんか?

でも、ダイヤの洗濯ピンチは、物干し竿にガチっとつけることができるんです。なぜなら、竿ピンチのところにボタンがついていて、それを押すと

したから、バーが上がるんです。

物干し竿につけると

バーがしっかりと物干し竿に密着して、ずれにくく、また落ちちにくくなるんです。

なので風が強い日に便利です!

その他、私が気に入っているのはこのピンチの形状。

下に、持ち手となる部分があるんです。これ、何に使うの!?って最初、思ったのですが、高いところにピンチをぶら下げたいときに便利なんです。

我が家は、洗面所の天井にホスクリーンをつけているのですが、天井が高いために、ちょっとホスクリーンに洗濯ピンチをひっかけるのが大変だったんです。が、ダイヤの洗濯ピンチにしたら、下の部分をもって、ちょいとひっかけられるようになったので、うれしいです。

その他、収納がすっきりとできるというメリットもあるんです。洗濯を干し終わってから、たたんでおいておく時も、ぴっちりとたためるので、余計な幅を取らず、すっきりと収納しておけます。

我が家は洗濯機と壁の間の隙間に立てて2個置いてしまっています。が、今のところ、2個が絡んだことは一度もありません。ちょっとした隙間にもすっきりと置けるのも私は気に入っています。

最初は1個だけ購入したダイヤの干し分けハンガー ストロング洗濯ピンチですが、思った以上に使い勝手がよく、便利だったので、追加購入して、今2個フル活動しています。

ダイヤの干し分けハンガー ストロング洗濯ピンチは、すっきり洗濯ピンチを収納したい人。ジーンズやバスタオルなど重いものを干す方。高いところに洗濯を干すことが多い方などにお勧めの洗濯ピンチです。

ダイヤの洗濯ピンチで毎日の洗濯をより簡単に楽しくしちゃいましょう!